HOME>オススメ情報>保険診療でも銀歯を白くできることをご存知ですか

銀色が気になる方に朗報です

歯科治療

さいたま市の歯科医院では、保険診療内で歯を白くすることができます。前歯の奥に位置する小臼歯はこれまで保険診療で被せ物を作る場合、金属の使用しか認められていませんでした。しかし現在は保険診療でも白くできるようになっており、自費診療にする必要がありません。この被せ物はCADCAMクラウンと呼ばれるもので、小臼歯で噛んだときでも割れにくい強さを持った素材でできています。糸切り歯のすぐ後ろに位置する小臼歯は笑ったり話したりするとどうしても見えてしまい、審美的な観点から気にする人も多くいました。しかし今は保険で白くできるCADCAMクラウンがありますので、銀色が気になる場合はこちらのクラウンを被せるのがおすすめです。

治療方法が変わることはありません

通常クラウンは歯の神経を取って根幹に詰め物をし、その上に立てた支台に被せるものを指します。CADCAMクラウンにするときでも、治療方法はこれまでの金属を使用するものと全く変わりません。さいたま市の歯科でも同じで、特別で大掛かりな処置がされることなく普段通りの歯科治療で完結します。治療の流れとしては根幹消毒を行って感染が収まったことを確認し、ガッタパーチャポイントを充填して支台の作成に移ります。支台をセットしたら歯型を採り、CADCAMクラウン作りの開始です。完成したクラウンの噛み心地を調整してセメントで合着すれば、治療は完了となります。

自分の歯に合った色に合わせられます

CADCAMクラウンは色がいくつか選べるようになっており、指定してある色の中から自分の歯に最も合う色を使うことができます。白くできる被せ物の場合、上下左右にある自分自身の歯の色とあまりにかけ離れているとすぐに人工物だということが分かってしまいます。あまり白くし過ぎると却って不自然になるため、本来の歯の色に合わせたクラウンを作る必要があります。さいたま市の歯科医院ではCADCAMクラウンの色調見本と照らし合わせて作成しますので、自然な仕上がりになるのが大きな特徴です。

広告募集中